お問い合わせ
大石 勝也 管理設計[2012年入社]
●取得資格 第1種電気工事士 第2種電気工事士
●取得予定資格 1級電気工事施工管理技士
入社以来、いくつかの電気設備工事を手がけてきました。
その中でも、静岡市葵区千代という地に建った、JA静岡市やすらぎホールの工事が特に印象に残っています。
少子高齢化に伴い、葬祭ホールのあり方も変わりつつあります。利用スタイルが多様化するとともに、セレモニーにハイレベルな演出効果が求められてきました。この式場にも、陰影豊かな表情をつくる調光タイプのライン照明、ホール・控室・会食室を2系統で結ぶ放送システムなどが計画され、それら最新鋭の照明・音響設備は、すべて電気制御されます。操作卓の配線も種類が多く、非常に複雑な工事を余儀なくされました。

私には初めて体験することばかり。どうしたらいいのか、内心、お手上げの状態に。努めて平静を装ってみたものの、途方に暮れてしまいました。でも、投げ出したら、それでおしまい。ここは腹をくくるしかないと思い、プロとしてちょっと恥ずかしかったのですが、設備の納入業者の方に
「どうしても分かりません」と……。一見ぶっきらぼうに見えて、現場の人は心根の優しい方が多いのですが、その見本のような方でした。
ひとつひとつ丁寧に教えてくださり、何とか工事をやり遂げることができたのです。

とまどい、焦り、悩んで、みずからの不甲斐なさに悔しさを感じていた自分。その後、いい意味で開き直り、素直に心を開いたことで、できなかったことができた自分。ビフォア・アフターのふたりの自分は、まるで別人のように感じられます。

私も先輩方のように、もっと大きな案件、それこそ億円単位の現場を一人でこなせるようになりたいですね。電気システム変革の時代を迎えている今、電気工事の仕事は、自分の知らないこと、経験のないことが、つねに目の前に立ちふさがります。そうしたカベのひとつひとつを、素直な心で乗り超えていくこと。それが自分を成長させる近道なんだと思います。

休日は、イクメンです。

もうすぐ1歳になる息子がいます。可愛くて仕方ありません。休日はイクメンになって、離乳食を食べさせ、ハイハイの追いかけごっこで遊び、おむつ替えもやっています。そんな家族3人のマイホームを建てることが私の夢です。最近、住宅展示場や建築現場の見学会に家族3人でよく出かけるのですが、その電気工事の様子を、つい自分の現場と見比べてしまいます。職業病かもしれませんね(笑)。

佐野 純也  技術[2011年入社]
●取得資格 第1種電気工事士 第2種電気工事
●取得予定資格 2級電気工事施工管理技術者
インターンシップのとき、新築住宅の電気工事を手伝いました。工事が終わり、スイッチを入れて、あかりが一斉に灯って……。あの瞬間の思いもよらない感激は今もハッキリ覚えています。
入社以来、「おたすけ隊」ひと筋です。もっとも多いトラブルは「ブレーカーが落ちてしまった」。電気の使い過ぎが理由ならいいのですが、漏電によるケースも稀にあり、その場合は非常に危険ですから、見てみて漏電ではないと分かると、お客様以上に私がホッとします。
お伺いするのは、ほとんどがお年寄りの一人暮らしかご夫婦だけの世帯です。

私たちのような電気のプロには何でもないことでも、分からなくて困っていらっしゃるケースがとても多いのです。直してあげると、こちらが恐縮するほど有難がられ、お茶やお菓子をよく振る舞っていただきます。「おたすけ隊」は当社の顏ともいうべき存在。広告もいろいろ出していて、私も出演しています。このため、「バス広告で顔を見たよ!」とか、 「CMに出てるでしょ?」とか言われます。ちょっと気恥ずかしくもありますが、まぁ満更でもありません。 世間話をしながらお住まいを見渡すと、暗くなった電球や蛍光灯、取り替え時期の電気器具が目につきます。率直にお勧めすると「ついでにやってほしい」となって、家じゅうLED照明に交換したり、太陽光発電やオール電化の導入にまで話が進んだりして、思いがけない大型受注に結びつくことも。お隣さんやご親戚、ご友人を紹介してくださることも少なくありません。

私たち「おたすけ隊」のサービスは、今後ますます必要とされるでしょう。それも想像以上に切実なものだと痛感しています。電気のことに限らず、もっとできることがあるとも思います。たとえば、水道のトラブルに対応する。エアコンも電気の配線だけでなく空調の配管もやる。そうすれば提案の幅が広がり、いっそうお役に立てるのではないでしょうか。こんなふうに私たちが前向きになれるのは、お客様の口から直接、感謝の言葉をいただけるから。「ありがとう」の笑顔に勝るモチベーションはありませんよ。この世の中で、これほどあらわに喜んでいただける仕事って、そんなにないのではないでしょうか。

休日は、ラーメン巡りとロードバイク。
休日は高校時代の同級生とラーメン巡りをしています。評判店をネットで探し、名古屋までクルマを走らせたことも。ラーメンは人により好き嫌いがまったく異なるものですが、私の個人的な評価基準は、スープを最後の一滴まで完食したかどうか、ということでしょうか。
また、自転車も趣味のひとつ。自分で組み立てた、ちょっとお高いロードバイクが愛車です。先日、南アルプスの井川まで目指しました。途中で挫折しましたが……。

平湯 将貴   営業[2014年入社]
●取得資格 第2種電気工事士
●取得予定資格 第1種電気工事士
お客様が幸せになる。自分も幸せになる。WIN-WINをつくることが営業としての私の目標です。本当にそんなことができるのか、と思われるかもしれませんね。
ある先輩がいます。心酔しています。仕事ぶりを見ていると男惚れしてしまいます。何がカッコイイって、お客様に言われた以上の仕事をやってのけるんです。なぜ、そんなことができるのだろう?とよく観察してみると、3つの目線で先を読み、つねに先手で取り組んでいる……それがヒミツなのではないかと気づきました。

まず、自分目線です。自分の会社に適正な利益をもたらすことは営業として当たり前のことですね。次に、職人目線です。現場で働く協力業者の方々に働きやすい環境を用意して、持てるスキルを存分に発揮してもらうこと。私は入社して3年半、工事課に所属して現場を体験してきました。自慢ではありませんが、現場を知っている営業ですから、この目線の持ち方には少しばかり自信があります。そして最後が、お客様目線ですが、これが一番難しい。
お客様は、なかなか本音をおっしゃいません。仕事には利害が発生しますから当然です。また、電気に詳しくないのがお客様なのですから、何かと遠慮される場合もありますし、いちいち細かく言わなくてもプロなんだから汲み取ってくれるだろうとお考えの方もいます。そうしたことを踏まえた上で、相手の本音に歩み寄り、勇気を持って踏み込んでいかなくてはなりません。この工事は何のために行うのか。その目的を果たすにはどんな手段が有効なのか。3つの目線で的確に先を読み、段取りする。さらには、その見通しをきちんとご説明する。そうすると、そんな見方・考え方もあるのかという驚きがお客様の心に生まれ、以前より強く確かな信頼が得られます。その成果として、誰もが思わず唸るようなカッコイイ仕事が完成するのです。
お客様に妥協してほしくない。自分も妥協したくない。どちらの想いも叶えることで、「日進電機に頼んでよかった」「頑張ってよかった」と心の底から満足され、自分も満足できるはずです。そんな未知の達成感を追いかけていきたいですね。営業に抜擢されて半年余り。まだヒヨッコの私ですが、先が読める営業になってみせます。

休日は、高原派です
新婚ホヤホヤです。休日は妻と二人でよくドライブに出かけています。静岡県内のめぼしい観光スポットやレジャー施設は、ほぼ行き尽くした感じですね。また、長期休暇が取れるたび、夏は妻の実家がある栃木へ出かけ、那須高原で避暑を楽しんでいます。冬には新潟の妙高高原などに足を伸ばし、スノボーで時間のたつのを忘れています。妻より上手になることが当面の目標ですね(笑)。

募集要項

PAGE TOP

大石 勝也 管理設計[2012年入社]
●取得資格
 第1種電気工事士 第2種電気工事士
●取得予定資格
 1級電気工事施工管理技士

入社以来、いくつかの電気設備工事を手がけてきました。
その中でも、静岡市葵区千代という地に建った、JA静岡市やすらぎホールの工事が特に印象に残っています。
少子高齢化に伴い、葬祭ホールのあり方も変わりつつあります。利用スタイルが多様化するとともに、セレモニーにハイレベルな演出効果が求められてきました。この式場にも、陰影豊かな表情をつくる調光タイプのライン照明、ホール・控室・会食室を2系統で結ぶ放送システムなどが計画され、それら最新鋭の照明・音響設備は、すべて電気制御されます。操作卓の配線も種類が多く、非常に複雑な工事を余儀なくされました。

私には初めて体験することばかり。どうしたらいいのか、内心、お手上げの状態に。努めて平静を装ってみたものの、途方に暮れてしまいました。でも、投げ出したら、それでおしまい。ここは腹をくくるしかないと思い、プロとしてちょっと恥ずかしかったのですが、設備の納入業者の方に
「どうしても分かりません」と……。一見ぶっきらぼうに見えて、現場の人は心根の優しい方が多いのですが、その見本のような方でした。
ひとつひとつ丁寧に教えてくださり、何とか工事をやり遂げることができたのです。

とまどい、焦り、悩んで、みずからの不甲斐なさに悔しさを感じていた自分。その後、いい意味で開き直り、素直に心を開いたことで、できなかったことができた自分。ビフォア・アフターのふたりの自分は、まるで別人のように感じられます。

私も先輩方のように、もっと大きな案件、それこそ億円単位の現場を一人でこなせるようになりたいですね。電気システム変革の時代を迎えている今、電気工事の仕事は、自分の知らないこと、経験のないことが、つねに目の前に立ちふさがります。そうしたカベのひとつひとつを、素直な心で乗り超えていくこと。それが自分を成長させる近道なんだと思います。

休日は、イクメンです。
もうすぐ1歳になる息子がいます。可愛くて仕方ありません。休日はイクメンになって、離乳食を食べさせ、ハイハイの追いかけごっこで遊び、おむつ替えもやっています。そんな家族3人のマイホームを建てることが私の夢です。最近、住宅展示場や建築現場の見学会に家族3人でよく出かけるのですが、その電気工事の様子を、つい自分の現場と見比べてしまいます。職業病かもしれませんね(笑)。
佐野 純也  技術[2011年入社]
●取得資格
 第1種電気工事士 第2種電気工事
●取得予定資格
 2級電気工事施工管理技術者

インターンシップのとき、新築住宅の電気工事を手伝いました。工事が終わり、スイッチを入れて、あかりが一斉に灯って……。あの瞬間の思いもよらない感激は今もハッキリ覚えています。
入社以来、「おたすけ隊」ひと筋です。もっとも多いトラブルは「ブレーカーが落ちてしまった」。電気の使い過ぎが理由ならいいのですが、漏電によるケースも稀にあり、その場合は非常に危険ですから、見てみて漏電ではないと分かると、お客様以上に私がホッとします。
お伺いするのは、ほとんどがお年寄りの一人暮らしかご夫婦だけの世帯です。

私たちのような電気のプロには何でもないことでも、分からなくて困っていらっしゃるケースがとても多いのです。直してあげると、こちらが恐縮するほど有難がられ、お茶やお菓子をよく振る舞っていただきます。「おたすけ隊」は当社の顏ともいうべき存在。広告もいろいろ出していて、私も出演しています。このため、「バス広告で顔を見たよ!」とか、 「CMに出てるでしょ?」とか言われます。ちょっと気恥ずかしくもありますが、まぁ満更でもありません。 世間話をしながらお住まいを見渡すと、暗くなった電球や蛍光灯、取り替え時期の電気器具が目につきます。率直にお勧めすると「ついでにやってほしい」となって、家じゅうLED照明に交換したり、太陽光発電やオール電化の導入にまで話が進んだりして、思いがけない大型受注に結びつくことも。お隣さんやご親戚、ご友人を紹介してくださることも少なくありません。

私たち「おたすけ隊」のサービスは、今後ますます必要とされるでしょう。それも想像以上に切実なものだと痛感しています。電気のことに限らず、もっとできることがあるとも思います。たとえば、水道のトラブルに対応する。エアコンも電気の配線だけでなく空調の配管もやる。そうすれば提案の幅が広がり、いっそうお役に立てるのではないでしょうか。こんなふうに私たちが前向きになれるのは、お客様の口から直接、感謝の言葉をいただけるから。「ありがとう」の笑顔に勝るモチベーションはありませんよ。この世の中で、これほどあらわに喜んでいただける仕事って、そんなにないのではないでしょうか。

休日は、ラーメン巡りと
ロードバイク。

休日は高校時代の同級生とラーメン巡りをしています。評判店をネットで探し、名古屋までクルマを走らせたことも。ラーメンは人により好き嫌いがまったく異なるものですが、私の個人的な評価基準は、スープを最後の一滴まで完食したかどうか、ということでしょうか。
また、自転車も趣味のひとつ。自分で組み立てた、ちょっとお高いロードバイクが愛車です。先日、南アルプスの井川まで目指しました。途中で挫折しましたが……。


平湯 将貴   営業[2014年入社]
●取得資格
 第2種電気工事士
●取得予定資格
 第1種電気工事士

お客様が幸せになる。自分も幸せになる。WIN-WINをつくることが営業としての私の目標です。本当にそんなことができるのか、と思われるかもしれませんね。
ある先輩がいます。心酔しています。仕事ぶりを見ていると男惚れしてしまいます。何がカッコイイって、お客様に言われた以上の仕事をやってのけるんです。なぜ、そんなことができるのだろう?とよく観察してみると、3つの目線で先を読み、つねに先手で取り組んでいる……それがヒミツなのではないかと気づきました。

まず、自分目線です。自分の会社に適正な利益をもたらすことは営業として当たり前のことですね。次に、職人目線です。現場で働く協力業者の方々に働きやすい環境を用意して、持てるスキルを存分に発揮してもらうこと。私は入社して3年半、工事課に所属して現場を体験してきました。自慢ではありませんが、現場を知っている営業ですから、この目線の持ち方には少しばかり自信があります。そして最後が、お客様目線ですが、これが一番難しい。
お客様は、なかなか本音をおっしゃいません。仕事には利害が発生しますから当然です。また、電気に詳しくないのがお客様なのですから、何かと遠慮される場合もありますし、いちいち細かく言わなくてもプロなんだから汲み取ってくれるだろうとお考えの方もいます。そうしたことを踏まえた上で、相手の本音に歩み寄り、勇気を持って踏み込んでいかなくてはなりません。この工事は何のために行うのか。その目的を果たすにはどんな手段が有効なのか。3つの目線で的確に先を読み、段取りする。さらには、その見通しをきちんとご説明する。そうすると、そんな見方・考え方もあるのかという驚きがお客様の心に生まれ、以前より強く確かな信頼が得られます。その成果として、誰もが思わず唸るようなカッコイイ仕事が完成するのです。
お客様に妥協してほしくない。自分も妥協したくない。どちらの想いも叶えることで、「日進電機に頼んでよかった」「頑張ってよかった」と心の底から満足され、自分も満足できるはずです。そんな未知の達成感を追いかけていきたいですね。営業に抜擢されて半年余り。まだヒヨッコの私ですが、先が読める営業になってみせます。

休日は、高原派です

新婚ホヤホヤです。休日は妻と二人でよくドライブに出かけています。静岡県内のめぼしい観光スポットやレジャー施設は、ほぼ行き尽くした感じですね。また、長期休暇が取れるたび、夏は妻の実家がある栃木へ出かけ、那須高原で避暑を楽しんでいます。冬には新潟の妙高高原などに足を伸ばし、スノボーで時間のたつのを忘れています。妻より上手になることが当面の目標ですね(笑)。


募集要項

FACE BOOK